咽頭がんの治療|いつの間にか自立神経失調症などの病気に|日頃からの腰痛対策
看護師

いつの間にか自立神経失調症などの病気に|日頃からの腰痛対策

咽頭がんの治療

病院

鼻腔や喉などに発生するガンを咽頭がんと言います。音が聞こえづらいなどの症状が現れるため、耳鼻科に受診した際に見つかることが多いとされています。発生場所によって呼び名は変わり、上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がんの3種類に分けて区別されています。口を大きく開けたとき、自分で確認することができる範囲は中咽頭と呼ばれ、そこを境目に上部が上咽頭、下部が下咽頭となっています。咽頭がんの場合、放射線治療を中心に治療を進めていくことが多く、治療を乗り越えるために必要となる体力の温存の役目も果たしています。ガンが発生する場所によって進行具合には違いがあり、転移のスピードやガン細胞自体の性質も少々違っています。治療法は放射線治療が主ですが、ガンの進行や性質によっては抗ガン剤なども併用して治療を進めていきます。

上咽頭に発生したガン細胞は、頸部や頭蓋底に転移しているケースが多いとされています。放射線治療が効きやすい箇所のため、治療では必ず放射線治療が主体となります。リンパ節へ転移してしまうとリンパ液に乗って広い範囲に転移してしまう可能性があるため、早期の発見が何よりも大切となります。中咽頭がんや下咽頭がんは放射線治療だけでなく手術も視野に入れた治療を行っていきます。声を出す声帯などを守ることも勿論大切とされていますが、下咽頭は臓器に近いため、転移をしてしまう前にガン細胞を消滅させる必要があります。ガン細胞が小さく、転移も見られない場合には放射線治療の効果が見込めますが、腫瘍が大きくなってしまっている場合には手術を行ないガン細胞を切除することになります。ガンが進行してしまうと、治療の難易度は上がってしまいます。そのため、早期の段階で治療が行えるように定期的な検査を行うことがとても大切となるのです。