発見が難しい病気|いつの間にか自立神経失調症などの病気に|日頃からの腰痛対策
看護師

いつの間にか自立神経失調症などの病気に|日頃からの腰痛対策

発見が難しい病気

ドクター

すい臓がんは、がんの中でも発見が難しいとされています。そのため、現在では様々な検査方法で早期発見が試みられているのです。すい臓がんの疑いで精密検査を受ける場合には、CTや内視鏡といった医療機器が用いられます。CTの場合にはヨードを含む造影剤などを用いて、詳細に患部の様子を撮影します。 内視鏡検査では、内視鏡と共にカテーテルなどを使用してより詳しく内部を調べる方法が選択されることがあります。こうしたすい臓がんの検査を受けた場合には、すい炎のリスクが多少あることも考慮しておく必要があるのです。すい臓は体の奥側に位置するため、検査においても多少の難しさが伴うことが多いと言えます。現在では苦痛のないPET検査も利用することが可能です。

すい臓は胃や十二指腸と非常に近い位置にあるため、一つの検査では中々状態が把握しきれないことが多いです。がんの広がり具合や転移の状況を把握するためにも、通常はいくつかの方法を組み合わせて正確な診断が行なわれます。他のがんの検査では有効な指標とされている腫瘍マーカーも、すい臓がんの場合にはかなり進行してからでないと異常が現れないことも多いのです。 こうしたことから、すい臓がんを早く発見するためには様々な検査の出来る設備の整った医療機関を受診することが大切になります。がんの相談センターなどを利用して、速やかに近隣の病院を探すことが求められる訳です。すい臓がんには、高リスクとなる要因がいくつか分かってきており、リスクの高い方は日頃から体調に気を配ることが必要になります。